白杖を掲げる視覚障がい者のサイン「白杖SOS」

その意味とは・・・

視覚障がい者の方が、白い杖で地面をたたきながら歩いている姿を、

誰でも一度は見たことがあると思います。

では、その白い杖を頭上に掲げていたら…?

あなたは、このサインの意味を知っていますか?

実はこれ、白い杖を頭上に掲げる=「助けてほしい」というサインなんです。

残念ながら、知っている人はごくわずかです。

このサインは「白杖SOSシグナル」といいます。

白杖をまっすぐに頭上から50センチほど上げることで、助けが必要なことを周囲に知らせているのです。

新聞に掲載されたことにより、この「白杖SOS」がTwitterなどのSNSで話題になりました。

スポンサードリンク

このサインの意味を知っていると・・・

たとえ、街中で白杖を頭上に掲げている方を見かけたとしても、この行為の意味を知らなければ、

相手が助けを求めていることに気がつかないかもしれません。

多くの人に知っておいて欲しいのですが・・・

一方で反対意見も目立っています。

なぜなのでしょうか?

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です