ご飯を食べないでお菓子ばかり食べる子ども

その理由を知った時、母親は・・・

泣いたり笑ったりと幼い子どもはストレートな感情表現が目立ちますが、そればかりとは限りません。

2人兄弟を育てるお母さん。

お兄ちゃんは3歳半で弟はまだ1歳。

どうしても下の子にかかる時間が長くなります。

ある日、お兄ちゃんが「ごはん食べたくない。おかし食べる…」と言い出しました。

それからはお菓子ばかり口にして、ちゃんと食事をとってくれません。

スポンサードリンク

なぜだか理由がわからないお母さんは困ってしまいました。

そこで、仕事帰りのお父さんが話をしてくれることに。

さて、お父さんはどのようにお兄ちゃんへ語りかけたのでしょうか?

「パパのひざに乗って少し話をしよう」

お兄ちゃんは少し不機嫌ですが、言うことを聞いてひざに乗って話を聞きます。

まだ素直さは残っているようですね。

まず、お兄ちゃんがお母さんによく「プレゼント」をあげていることを話題にしました。

すると・・・

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です