道端に落ちている「赤い封筒」を絶対拾ってはいけない

警察ですら拾わないその理由とは・・・

皆さん、道端に落し物が見つけた時、どんな対応をしますか?

多くの人は、落し物を見つけたら拾い、持ち主へと戻るように

警察や施設内の職員などに渡しますよね。

しかし、台湾では、持ち主へ届けるどころか、触れることですら許されない『ある落し物』が

存在するようです。

そのある落し物とは『赤い封筒』

この赤い封筒を誤って拾ってしまうと、本当に取り返しのつかない事態へと発展してしまうのです。

今回、身近である台湾へ行く際には必ず知っておかないとならない、『赤い封筒』についてご紹介します。

スポンサードリンク

番組で紹介された台湾の不思議

それは世界のクレイジーなカルチャーを届ける番組で紹介されていました。

ちなみに台湾はどんなイメージでしょうか?

日本から近いうえに、治安も良く、食事も美味しいと良いこと尽くめの台湾ですが、

一つだけ知っておかなければならない台湾独自の奇妙な風習があります。

『知らなかった!』と言っても時すでに遅し。

誤って拾ってしまうと…本当に取り返しのつかない事になるんです!

続きをご覧ください!

次のページへ続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です