うっかり女性車両に乗り込んでしまった男性

男性は遅刻寸前で、ダッシュで電車に乗り込みました。

困ったことに、急いでいたあまり、ついうっかりと女性専用車両に乗ってしまったのです・・・

慌てていたので階段から一番近い車両に乗ったのですが、

運が悪くそれは女性専用車両だったのです。

女性ばかりの電車の中混んでいるので移動もできず、

気まずいなかで下を向いて次の駅に着くのを待っていました。

すると1人のおばさんが、

その男性に黙っていることができずに大声を出しました・・・

スポンサードリンク

「あんた、わざわざ女性専用車両に乗ったでしょ。恥ずかしくないの。降りろ」

おばさんの大きな声で周囲の目を引くことになってしまいました。

「すみません。急いでて間違っちゃって・・・。」

気まずそうに言う男性に、おばさんは追い討ちをかけるようにさらに続けました。

「ホンット、気持ち悪い。電車乗れなくなる」

周囲の視線が男性を刺すように見ています。

男性は扉の方を向き、ただじっと耐えているように感じます。

それでもまだおばさんは男性を責めるのを止めません。

その時です・・・

次のページへ続きます


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です